2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Counter



DB


私および私の周りの人の話

2015/03/01

休養だそうで

最近出資馬の話しか書いてないので、たまには別のことを。

ここで何度か取り上げているBerryz工房の菅谷梨沙子ちゃんが芸能活動を休止するそうな。

最初に梨沙子ちゃんの存在を知ったのはもう11年前の話で、たまたま歌番組で見かけて可愛いなあと思い、Webでオフィシャルサイトを見つけてプロフィール見たら誕生日が同じで、それから合コンなんかで理想のタイプの芸能人を聞かれると梨沙子ちゃんの名前を挙げるものの、ほとんどの人は知らないという状況でしたな。

あれから11年がたち、梨沙子ちゃんもすっかり大人っぽくなって、昨今のアイドルブームの中で知名度も多少は上がったんでしょうが、やはり世間一般にはさほど知られておらず。

そんな中、所属するBeryyz工房がこの春で無期限活動停止という話は昨年すでに発表されていたのですが、先日、梨沙子ちゃん自身もそれに合わせて芸能活動を休止することが発表されました。

寂しいなあという気持ちはもちろんあるんですが、世間に一大ブームを巻き起こすほどの存在にはなってないし、潮時と言えば潮時でしょうな。芸能界において今後の伸びしろも特に期待はできないと思うし。

梨沙子ちゃんはまだ20歳だし、何が何でも芸能界で頑張らなくても良いと思うし、芸能界にいるがために普通の女の子よりシンドイ部分もあると思うんでね、普通の女の子に戻って普通に幸せな生活をしてもらいたいもんです。

私は人の幸せをどうこう言えるほど、マトモな世界でマトモな生活を送ってる訳じゃないんですが、ほんの数日前にウチの業界で同世代の人が自ら命を絶つということがあったばかりなんでね、たとえ他人のことであっても幸せを願わずにはいられない心持ちです。

あ、私自身に関しては、いい年して嫁も子供も彼女もいませんが、好きなことを仕事にできてるし、今日のメインレースで30万ぐらい儲かったんで、幸せ一杯です。

2011/12/31

年末のご挨拶

2011年も終わりですな。

とりあえず今年1年を振り返ると、まあ何と言っても震災なんですが、それに関してはたくさんの人がそれぞれに論じてらっしゃると思うし、人それぞれ受けた衝撃や感慨も違うし、ここで私がどうこう書いてもあれなんで、バッサリ割愛します。

それ以外のことだと、4月に同級生が亡くなり、その2週間後に祖母が亡くなり、まあ震災の後だったこともあって、改めて人の生死ってものを考えさせられましたな。だからと言って、自分の人生を見つめ直したり、今後の生き方を考えたり、あんまりそういうことはしないんだけど、まあでも、今の感じでのんべんたらりと生きてて良いもんなんだろか?、って感じで、なんかこう、常に胸の中に何かがつかえてるような、そんな1年でした。

そういう思いの影響もあるのか、仕事で小さなミスが多かった気がするし、馬券の調子は絶不調と言って良い状況だったし、出資馬たちは大して走らなかったし、阪神はBクラスに落ちて真弓は辞任するし、私を取り巻くほとんどの物事が停滞してた気がするね。

来年は、もうちょい何事も上向きになってくれると良いなと思うんだけど、とりあえずは私自身がもうちょい前向きに物事を進めるようにして、まあそれで結果が伴うかどうかは別として、少なくとも年末になってこういう辛気臭いこと書かずに済むようにしたいですな。

2011/04/18

旅立つ友へ

常に何事にも前向きに取り組み、常に何事にもファイティングポーズを崩さなかった、君の生き様に改めて敬意を表します。

遅かれ早かれ、僕らもいつかはそっちに行く。その時は、昔みたいにサッカーを楽しもう。酒を酌み交わそう。バカな話で盛り上がろう。

それまで、しばしの別れ。

また君に会える日を楽しみにしてます。

2011/04/04

誕生日

今年もまた、この日がやってまいりました。

いよいよ40歳ですか・・。

まあこれと言って実感はないんだけど、もうほんとに名実ともにオッサンですな。ロクに体も動かしてないし、酒もタバコもやめらんないし、あちこちガタが来てる自覚はメチャメチャある。そういう部分に関しては、そんじょそこらのオッサン達に負けない。だけど、精神的な部分に関しては、もうちょいマトモな大人であるべきなのに、そういう自覚が全くない。

嫁も子供もいないし、そこらへん変化があれば、多少は自覚も芽生えるんだろうけどね、そういう予定も全くないから、いつまで経ってもどうでもいい屁理屈こねてるだけの青二才。全く進化が見られず、むしろ退化してるんじゃなかろうか?

さすがに40歳になったんだから、多少は将来とか考えながら生きていくべきなのかなとは思うのよ。今回の地震で、今まで体験したことないレベルの揺れを感じた時にはこれまでの人生が走馬灯のように蘇ったし、地震で散らかった部屋を片付けてた時には学生時代の思い出の品の1つや2つ転がってたりして、昔と今とで一体どんだけ成長したんか考えたら、ここまでわりかし無駄に時を過ごして来たんかなあって思っちゃったし。

でもまあ、「下手の考え休むに似たり(下手な考え休むに似たりは誤用らしいね)」って言葉もあるし、あんまり考え込むとそれはそれでおかしな方向に突っ走っちゃう恐れもあるからね、とりあえずは今まで通りのんびりマイペースで好き勝手やってこうかなと思ってます。前厄なんで、あんまり無茶しない程度にね。

そして、毎年触れていることですが、今日は私の大好きな菅谷梨沙子ちゃんの誕生日でもあります。

Risako9

梨沙子ちゃんは今日で17歳。高校2年生ですか。

私は17歳の頃、何をしてましたかねえ・・。

いろんな局面で酷使してたせいか、腰が悪くなり始めた頃ですな。サッカーもちょっとしんどくて、サボることが多くなったし、何事もとにかく面倒臭く思うようになり始めた時期かも知れんね。それまでは何事もわりかし凝り性だったんだけど、変に悟っちゃったと言うか、あんまりこだわることがなくなりましたな。

おねーちゃん関係とかもね、些細なことでも正直面倒臭いって思うことが多くなっちゃったし、それがいまだに続いてるし、だからいまだに結婚できないんだな。多少は考え変えないといかんね。

2011/03/15

こういう時、地デジ使えなくないか?

去年我が家も地デジ化したんですが、私の部屋のTVはアナログTVで地デジに対応しておらず、レコーダーが地デジ対応なので、地デジ化以降は常にレコーダーを介して地デジを見てました。

しかしご存じの通り、地デジはアナログに比べて1秒ぐらい遅れて映像と音声が流れる。条件によってはもうちょい遅れる場合もある。ほんの僅かだから今まで大して気にしてなかったけど、緊急地震速報の時は、この1秒程度が結構大きいんじゃない?

ここんとこ緊急地震速報連発で、まあ実際に地震が来る方が早い場合もあるけど、アナログならほんの1秒程度でも早く知ることができる訳で、まあたかだか1秒程度で何ができるって話ではあるんだけど、ひょっとしたらこの1秒程度が生死を分ける場合だってあるでしょ。

と言う訳で、しばらくはアナログでTVを見ることにしました。レコーダーの電源を切る分、ほんのちょびっとだけでも節電になるだろうしね。

2011/03/14

こんな時に・・

携帯を水没させちゃいました。

いつデカイ地震が来ても良いよう、常にポケットに入れてたんですが、顔を洗ってる際に胸ポケットからすり落ち、出しっぱなしにしてた水道の餌食に・・。急いで救出して水を拭き取ったものの、それ以降は何をやっても反応なし。

つい3週間ほど前に機種変更したばかりでねえ・・。
こういう万が一の時に、同じ機種と交換してくれるサービスにも登録してなかったし・・。

まあ、前の機種を処分せずに持ってたんで、今はそっちを使えるようにしたんですが、すぐ電池がなくなっちゃうんで機種変更したぐらいだから、やはり頼りなくてね。

今回水没させたやつも色々と使い辛かったりして不満はあったから、まあまた機種変更するつもりなんだけど、今のこんな状況でドコモが普通に営業してんのかと思って、近所のドコモショップに電話したら、「本日の営業は終了しました」って機械のお姉さんのアナウンス・・。

とりあえずは古いやつでしのぐしかないですな。

2011/03/13

哀悼の勝利

時間が経つにつれて地震被害のとてつもなさが明らかになり、さらには原発など新たな問題も表面化。千葉あたりでは余震の頻度もいくらか落ち着きつつあるものの、それでもまだ沈静化という感じはなく、気象庁の発表では、今後3日以内にM7以上の余震が起きる可能性は70%以上とのこと。

TVを見ると、目を覆いたくなるような凄惨な光景が次々と映し出され、地震・津波の脅威に改めて恐怖感が芽生える。かと思えば、それぞれの立場や深慮があるとは言え、首相・官房長官・原子力安全保安院らの煮え切らない観念論的な会見は、被災者と同じ目線で語っているとは到底思えず、所詮彼らは安全な場所にいて安穏と過ごしているかのようにさえ感じられ、何度見ても腹立たしさを覚える。

そんな状況下、競馬の話をするのも不謹慎と言えば不謹慎だし、お前こそ安全な場所にいて安穏と過ごしているんじゃないかと言われそうなんですが、千葉の松戸あたりもソコソコのレベルの余震は続いてて、純粋に競馬を楽しむほどの余裕はなく、それでも愛馬シルクタローが本日の帯広でレースに出ていたので、先ほどネットでVTRを見ました。

今回出走した6頭はドングリの背比べといった感じだったものの、そのドングリの中では一番格下かなって立場で、ここ最近好調とは言え、今回はちょっとどうかなと思ってました。序盤はほぼ最後方で、徐々に盛り返して先団で第2障害に到着。敢然と先頭で仕掛けて一腰でクリアすると、いつもは直線でだらしないとこのあるタローが、グイグイと後続を突き放し、ゴール前で1度刻んだものの、堂々と押し切って見事に3勝目を挙げました。

私は基本的にチキンな奴なので、おとといの地震以来ビビリまくりで、緊急地震速報のメールが来るたびにハッとし、余震が来るたびにおびえる今日この頃。大した被害も受けていないのに、いっぱしの被災者ヅラしてるアホです。そんな私に、あるいは大変な被害を受けた東北の人たちに、タローが「頑張れ!、しっかりしろ!」と訴えかけているかのような、そんな気迫と根性を感じました。

何をガキみたいなこと言ってんだ、と言われそうですが、所詮人間なんて弱い生き物。何事も自分の都合の良いように感じたりするもんです。最後の直線の力強さを見てて、不覚にも涙がこぼれそうでした。

タローを含め、私が出資してる馬たちの大半は、シルクホースクラブという一口馬主の会社の馬です。シルクホースクラブは福島にあり、現在どういう状況になっているかは不明ですが、ようやく先ほどホームページが閲覧できる状況に回復したばかりなので、何らかの支障が出ていた事は確実。一部の情報によると、メインの育成牧場の調教コースが崩れたという話も出ていたので、そういう関係者の方や他の馬たちに向けて、タローも頑張ってくれたのかも知れません。

大袈裟な表現ですが、今日のタローの走りに私は勇気や希望を貰った気がします。だからと言って、被災された方々にも競馬を見ろと言うつもりは毛頭ありません。しかし、ほんの些細なことで人間は勇気づけられたりするもんです。家族も家も何もかも失ってしまった方々がたくさんいて、今は絶望の淵にいるような心持ちだとは思いますが、どんな些細なことでも良いと思うんで、何か希望を見出せるような、そういうものを見つけてもらいたいと思うし、我々が被災者の方たちに何ができるとしたら、募金や食糧・衣料などの援助ももちろんメチャクチャ大事なんだけど、それぞれの方に些細な喜びを提供できるような、そういう何かを見つける手助けをしたりすることも大事なんじゃないかと思います。

2011/03/12

落ち着かん・・

いやはや物凄い地震でしたな。って言うか、まだ余震続いてるけど。

仕事も一段落して、ボチボチ競馬新聞買いに行くかと思ってたらあの地震で、机が倒れそうだったんでとりあえず押さえてたら、本棚の本は飛んでくるし、二段重ねにしてたタンスの上の方が落ちてきて、その上に積んでた本やらビデオやらが飛んできて、あっと言う間に部屋中しっちゃかめっちゃか。もし呑気に昼寝なんかしてたら、足の1本や2本なくなってたかも知れんね。

で、片付けようと思ったものの、どこから手を付けて良いか分からんレベルで、しばし呆然。とりあえず落ち着こうと思ってタバコを1本吸い、それから少しずつ片付け始めたんですが、次から次へと余震が続いて、片付けるそばからまた散らかる始末で、一向にはかどらない。

そしたら姉からメールが来て、会社のビルが立ち入り禁止になり、帰ろうと思ったものの電車は全て止まってるんで、歩いて帰るとのこと。赤坂から千葉の松戸じゃどんだけかかるか分からんし、こっちもとにかく手の付けようがない散らかりようなんで、片付けは諦めて車で迎えに行くことに。

18時ちょい前に出発したものの、江戸川を渡る橋が大混雑で、都内に入ったのが19時30分ぐらい。20時頃に日暮里で姉と合流したものの、千葉方面に向かう道路はどこも大渋滞で、あっちゃこっちゃに迂回しつつ(運転したのは姉だけどね)、家に戻ってきたのは24時半。

ようやく晩飯のカップラーメンにありつき、1時過ぎから本格的に部屋を片付け始め、終わったのが5時過ぎ。ぼちぼち競馬の予想をしようと思ったものの、こんな状況で競馬やるんかいなと思ってJRAのHPを見たら、土日の中央競馬は全部中止・・。

さすがにもういい加減寝るかと思ったんだけど、目も冴えちゃってるし、相変わらず余震は続いてるし、寝てる間にデカイ余震がもし来たらと思うとマジで怖いしねえ。くわばらくわばら。

2011/01/19

センター試験

先週末にセンター試験があったので、今年も例によってネットで問題を拾いまして、日本史だけチャレンジしてみましたよ。

日本史Aは近代史中心、日本史Bは全般で、近代史があまり得意ではない私は、例年Bの方から取りかかってたんですが、今年は趣向を変えてAからチャレンジ。

第1問の戦中戦後、第2問の幕末明治のあたりはわりかしスムーズに進んだものの、第3問の金子堅太郎がどーだこーだって話で苦戦。第4問の日清戦争前後の話はまずまず普通に解けたけど、第5問の戦後史でこれまた苦戦。第6問の近代史はわりかし簡単だったかなって感じ。

続いてBですが、第1問の燃料がどーのこーのって話は迷うところが続き、第2問の古代史も手応えはイマイチ。しかし、第3問の鎌倉~戦国時代、第4問の江戸時代の話は得意分野なので手応えバッチリ。第5問・第6問は、Aの第3問・第5問と共通問題なので、そのまま答案を流用して終了。

で、早速採点してみました。まずAですが、第1問と第6問は全問正解、第4問で1つ、第2問で2つ落とし、Bと共通問題の第3問と第5問は半分強しか取れず、結局76点。

続いてBですが、得意分野の第3問と第4問は全問正解、第1問で1つ、第2問で2つ落とし、Aと共通問題の第5問と第6問で稼げなかったんで、結局77点でした。

で、過去5年の私の成績と比較すると以下の通り。

       06年 07年 08年 09年 10年 今年
日本史A: 81点 67点 80点 56点 82点 76点
日本史B: 78点 80点 65点 66点 63点 77点

Aは昨年よりちょっと落ちましたが、Bは上がりましたな。
ちなみに全受験生の平均点は以下の通り。今年の数字は某予備校の現時点での予測。

        06年  07年  08年  09年  10年  今年
日本史A: 57.6点 51.5点 56.0点 46.5点 48.4点 50点
日本史B: 54.7点 67.0点 64.3点 57.9点 61.5点 64点

とりあえず今年も平均点を上回れたみたいですな。しかし、AもBもあとちょっとで80点に届かなかったのは残念。共通問題であと1つ2つ取れてれば届いたのにね。

その共通問題は、もちろん歴史の問題ではあるんだけど、経済とか文化とかそっち方面の色合いが濃く、そういう問題を落としちゃった。昨年ここに書いたように、私は文化史が弱く、そこを改善するのが高得点への道だと気付いてたのに、この1年で進化がなかったということでしょう。

まあこの1年、これといって勉強もしなかったし、あんまり本や小説のたぐいも読んでなかったんで、仕方ないですな。そういう状況なんで、今年はAもBも過去最低点になるんじゃないかって思ってたぐらいだし、そう考えれば今年の成績は上出来と言って良いんじゃないですかね。

来年こそもっと良い点を取りたいな、とは思うんだけど、もうこの年になってくると知識欲とか知的好奇心も薄れてきて、勉強しようとかそういう意欲は湧かないんだよね。まあ別に受験生じゃないんだから、ありのままの能力で勝負してナンボだと思うんで、来年に向けて頑張るとかじゃなく、普通に1年過ごして、また来年も普通にチャレンジしようと思います。

2010/12/31

年末のごあいさつ

2010年も終わりってことで、簡単にこの1年を振り返っておきましょうか。

え~っと・・・、

う~ん・・・、

まあこれといって特にね・・・。

なんでしょう、ここんとこ毎年ほんとに変わり映えしないと言うか、良くも悪くも平穏無事ですな。フリーライターという不安定な職業でありながら、関係各位の皆様のおかげをもちまして、仕事そのものは安定してるんで、普通に馬券買ったり、馬に出資したり、鉄道模型買ったり、まあ好きことを好きなように楽しめる生活を送れてます。

一方、プライベートにおいても何の変化もなく、これといった出会いもなく、来年いよいよ40歳になると言うのに、身を固める兆候なんぞ微塵も感じられない。独身貴族なんて言葉がありますが、もちろん貴族ってほど裕福な訳じゃないんで、独身平民まっしぐらという状況。ここまで来ると、果たして俺はいつまで独身という状況に耐えられるのか、我慢大会の様相を呈してる感じ。

このブログもね、なんだかんだで6年以上続けてきて、仕事もプライベートも特に波風立ってないもんだから、さすがにネタ切れという状況。もうすっかり競馬の話ばっかりで、ブログと言うよりはメモ帳と言うか備忘録と言うか、そういう存在に落ち着きつつありますな。

と言う訳で、来年も競馬の話が中心になると思いますが、よろしくどーぞ。

より以前の記事一覧

私の出資馬
現役勝ち上がり馬

  •  グレンツェント
     【牡4歳・12戦6勝】
     父:ネオユニヴァース
     母:ボシンシェ
      13011170122s
    5月20日の平安S(GⅢ)は10着。その後は放牧に出てましたが、現在はトレセンに戻って調整中。11月5日の京都・みやこS(GⅢ)に出走予定。
     
  •  ブライトエンブレム
     【牡5歳・10戦2勝】
     父:ネオユニヴァース
     母:ブラックエンブレム A_2012005_2
    16年5月8日の東京・ブリリアントS(OP)で7着となった後、屈腱炎で休養していましたが、現在はトレセンに戻って調整中。
     
  •  ストロングタイタン
     【牡4歳・12戦5勝】
     父:Regal Ransom
     母:Titan Queen 13051170715c
    10月15日の東京・オクトーバーS(OP)は2着。早めに抜け出して勝ったと思ったんだけど、ハナ差で1番人気に差されちゃいました。
     
  •  フェイマスエンド
     【牡6歳・26戦5勝】
     父:シルクフェイマス
     母:シルキーウィズ 11062150321
    8月6日の小倉・小倉記念(GⅢ)は7着。中団から終いまずまずの伸びを見せ、タイタンには先着してくれました。現在は滋賀県の牧場にいます。
     
  •  モルジアナ
     【牝5歳・16戦4勝】
     父:Dubawi
     母:サマーハ 12024160326s
    10月15日のレースは3着。後方から大外一気で追い込んで、久々に良いとこ見せてくれました。
     
  •  イストワールファム
     【牝3歳・5戦2勝】
     父:ローエングリン
     母:ヒストリックレディ
    14030170820500
    8月20日のレースで大外一気を決めて2勝目を獲得。1番人気に応えて力の違いを見せ付けてくれました。現在は福島県の牧場にいます。
     
  •  ローズウィスパー
     【牝4歳・19戦3勝】
     父:ワークフォース
     母:ローザミスティカ
      13061170326
    9月17日のレースはビリッケツ。その後に左前繋靭帯炎を発症したため休養に入りました。現在は北海道の牧場にいます。
     
  •  デジタルフラッシュ
     【牡6歳・28戦2勝】
     父:アグネスデジタル
     母:マチカネベニツバキ 11031160904500
    10月14日のレースは4着。勝ち負けには加われなかったけど、ジワジワ伸びてマズマズの競馬でした。
     
  •  アグレアーブル
     【牝4歳・5戦2勝】
     父:マンハッタンカフェ
     母:プリティカリーナ 13014160703500
    16年7月3日のレースで2勝目を獲得後、脚元に不安が出て休養に入っていましたが、現在はトレセンに戻って調整中。10月28日の東京8レースに出走予定。
     
  •  オリエンタルダンス
     【牝5歳・21戦2勝】
     父:キングカメハメハ
     母:ダンスノワール 12027160326500
    10月15日のレースは7着。この馬なりに逃げ粘ってくれて、着順ほど悪い内容ではなかったですな。
     
  •  アーモンドアイ
     【牝2歳・2戦1勝】
     父:ロードカナロア
     母:フサイチパンドラ
      D_02680135
    10月8日のレースで初勝利。単勝1.2倍の圧倒的1番人気に応え、余裕綽々の競馬で3馬身半差の圧勝でした。現在は福島県の牧場にいます。
     
  •  ネームユアポイズン
     【セン3歳・4戦1勝】
     父:ハーツクライ
     母:リップスポイズン
      14005170325
    7月15日のレースは5着。後方から捲り気味に追い込んできたんですが、上位には届きませんでした。その後に去勢し、現在は福島県の牧場にいます。
     
  •  ブルーヘヴン
     【牝3歳・10戦1勝】
     父:パイロ
     母:ローズカーニバル
    Blueheaven1
    10月15日のレースは13着。嫌気が差したか付いていけなかったか、最後方からの競馬で流れ込んだだけでした。
     
  •  シンシアズブレス
     【牝4歳・16戦1勝】
     父:ダイワメジャー
     母:クラウンピース
      13037160305_3
    8月27日のレースは7着。その後は放牧を挟んでゲート再審査に合格し、現在は滋賀県の牧場にいます。
     

私の出資馬
現役未勝利馬

  •  キンナリー
     【牝3歳・3戦0勝】
     父:ディープブリランテ
     母:カラヴィンカ
     
  •  ブライトクォーツ
     【牡3歳・12戦0勝】
     父:ワークフォース
     母:レースドール
     
  •  ブラストワンピース
     【牡2歳・未出走】
     父:ハービンジャー
     母:ツルマルワンピース
     
  •  オルボンディール
     【牝2歳・2戦0勝】
     父:ステイゴールド
     母:サダムグランジュテ
     
  •  キープシークレット
     【牝2歳・2戦0勝】
     父:ダイワメジャー
     母:ウーマンシークレット
     
  •  ベルフロレゾン
     【牝2歳・2戦0勝】
     父:クロフネ
     母:ウインフロレゾン
     
  •  カポラヴォーロ
     【牡2歳・3戦0勝】
     父:Munnings
     母:My Anguilla
     
  •  アストロローグ
     【牡2歳・1戦0勝】
     父:シニスターミニスター
     母:フォチュネイター
     

私の出資馬
競走年齢未満の馬

私の出資馬
すでに引退した馬