2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

Counter



2013/10/14

久々に阪神の話を

会社勤めになってから、なかなかゆっくり試合も見れなかったもんで、今季はほとんどここで触れてなかったんだけど、シーズンも終わったことだし、チラッとだけ。

とにかく1年通して迷采配の繰り返しでしたな。最後の最後、エース能見を使わないままCS負けるなんざ、ほんとバ●につける薬はないし、ア●は死んでも治らない。

野球のルール知ってんのか?ってレベルのビックリするような采配が毎日のように平然と行われ、采配ミスや敗戦から学ぶ雰囲気が一向に感じられず、同じ過ちを何度も何度も繰り返す。バ●やア●だって、もうちょいマシだと思うね。

そもそも、一人一人の選手の能力を把握できてないんじゃないか?

例えば福留。シーズン当初は期待してたの分かるし、過大評価してたのも分かるんだけど、1ヶ月も経たない内にこりゃダメだって判断になって当然。そして新井。所詮狭い広島市民球場だから4番が務まっただけだし、プレッシャーに弱くチャンスで打てないんだから、主軸は任せられない。こういう連中をシーズン後半の大事な時期や、CSでスタメン起用する意味が分からん。

さらには桧山。最後の最後で久々にHR打ったけど、シーズン中はマトモに外野へ飛ばすことすら出来ず、速球にも変化球にも全く付いていけてなかったのに、ここぞっていうチャンスで何度も何度も使い続け、何度も何度もチャンスを潰してくれたね。君がいなくなって、来年は試合終盤にもっと点を取れるようになると思うよ。

確たる4番がいないとは言え、鳥谷を4番に起用するとか、ほんとア●としか言いようがないんだけど、それもこれもチーフ打撃コーチがご老体でマトモな判断ができないことが原因。そもそもこの程度の人材しか呼べなかったチームの問題でしょうな。

投手陣に関しては、藤波は高卒ルーキーとしては十分頑張ってくれたし、能見、メッセ、スタンも及第点はあげられる。だけど、先発転向した榎田は序盤こそ良かったけど尻すぼみだったし、リリーフ転向した久保は大誤算。安藤、加藤が良かったのは最初の頃だけで、後半は全く良くなかったのに、懲りずに大事なとこで使い続け、どんだけ試合を潰してくれたことか。

終盤になって松田、玉置あたりにいくらか光明が見えたけど、白仁田、秋山あたりの先発に関しては我慢して使わず、点を取られるとすぐ交代。そこで出てくるリリーフに、もうすっかりお払い箱なはずの久保田をガンガン使ってガンガン負けたし、渡辺、筒井あたりは本調子に戻らないまま。目先の1勝を取るのか、先々を見据えるのか、どっちつかずのまま結局どっちも叶わない、そんな起用が多過ぎ。

守備全般で言えば、なぜ藤井ごときを重用するのか全くわからん。気が小さくリードは常に消極的で、外角低めばかりを要求するもんだから、カウント悪くしてストライク取りに行ったとこを狙い打ちされる。何度も何度も同じように打たれてるのに、一向に改める気配がない。ここぞというとこでポロポロ後ろにこぼしてピンチを広げるし、そういうことをしでかして悪びれることもなく、呑気な顔して座ってやがる。まあ顔に関しては生まれつきだろうから、どうこう言うのもあれだけどね。

終盤にかけて、清水がスタメンの時の方がマトモなゲームになり、試合も勝ってたのに、大事なとこでは藤井、その次に日高という起用。2人とも真っ向勝負上等のパリーグで、しかも優勝争いをするようなチームにいた訳じゃなく、頭をロクに使うこともないままここまで来たんだから、セリーグの細かい野球じゃ通用しない。そういうとこを見抜けるヤツがベンチにいないんだよね。控え捕手としてもイマイチだった山田ごときがバッテリーコーチなんだから仕方ないけどさ。

基本的に監督の采配がダメ、それを取り巻くコーチ陣が揃いも揃って無能、そもそもこういう陣容を作り上げたボンクラGMがどうにもならん。結局中村が動いて成功したのは西岡だけで、福留、コンラッド獲得は失敗、榎田、久保の配置転換も失敗。もうどう考えても疫病神でしかない。桧山と一緒に辞めてくれて結構だ。

毎日毎日バカバカしい試合見せられてたもんだから、シーズン後半は試合そのものよりも、しょっちゅうスタンドに来てる「わらし姉妹」を探す方がよっぽど楽しみでね、「わらし姉妹」見つけたから今日はもう満足って感じで、試合を最後まで見ないことが多かったですな。

来年はもっとしっかりした野球をやってもらいたいし、そのためにも、使えない選手、コーチはビシバシ粛清してもらいたいもんだ。

2013/04/09

先週のタイガース

え~、仕事がバタバタしてやっぱりなかなか試合見れないし、毎週コンスタントに結果を振り返るのもめんどくさいんで、今年は何かどうしても書きたいって時とかだけにします。

でまあ、先週に関して言えば、中日戦の勝ちゲーム。あれ最悪でしょ。

9回裏、先頭の代打坂が出塁して、続く代打に小宮山を出したものの送りバントができず、苦し紛れのバスターがたまたま決まって1・3塁、そんで西岡がサヨナラヒットだったんだけど、もうほんとただの結果オーライ。

ノーアウトのランナーが出て、何が何でも送りたいなら、バントの上手い関本を出すべき。小宮山はバント上手くないんで、あそこで小宮山を出すメリットは、延長に入った場合の守備だけのことで、それは何も9回裏の攻撃でやるべきことじゃなく、9回終わって延長入ってからやれば良い。

代走の荒木が好走塁で3塁を落としてくれたのは見事だったけど、それも単なる結果オーライだし、こんな野球やってたら勝てねーよ。相変わらず打てねーし、エラーも多いし、去年とあんまり変わってないね。もうちょっと采配を勉強してくれ。

2013/03/31

先週のタイガース

3/29~3/31の結果

・3/29 ヤクルト戦 9対3 勝ち
・3/30 ヤクルト戦 0対1 負け
・3/31 ヤクルト戦 0対1 負け

今季通算1勝2敗 3/31現在同率4位

2月末から仕事で福島に滞在してるもんで、試合も全く見れてないし、オープン戦も全く見てなかったんでね、どういう状況だか良く知らんのだけど、オープン戦の時期に騒がれてた「猛虎打線復活」って幻想は、たった1日で崩れてしまったようですな。

岩田の時に打てないのは今に始まったことじゃないんで驚かないけど、ルーキーが6回2失点と試合を作ったのに、一切援護してやれないってのは、どいつもこいつも男気が足りないのか器が小さいのか、情けない限りだね。

まあ私自身、仕事の環境が大幅に変わって、男気とか器とか、言うのは簡単だけど実行するのは大変だよねと思うこともあって、例年のように阪神の選手を罵倒する感じにもなれず、いわゆる舌鋒が鈍るような心持ちなんだけどね、週明けから自宅に戻って、試合も後半ならソコソコ見れる環境になると思うんで、来週からはもっとビシバシ罵倒していきたいと思ってます。

で、今年もMVPと裏MVPを私の独断と偏見で毎週選出していくつもりなんですが、いかんせん試合を全く見てないんで、今週はパスしまして、来週からスタートするつもりです。

2012/10/25

藤浪キタ━ ━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!

球界を代表する投手になれる逸材だぞ!!
お願いだから、バカコーチどもは余計な口を出さず、黙って成長を見てろ。

2012/10/09

シーズン終了

10/3~10/9の結果

・10/3 中日戦 1対4 負け
・10/5 ヤクルト戦 0対2 負け
・10/9 横浜戦 3対0 勝ち

今季通算55勝75敗14分 5位

散々なシーズンが終了し、結局5位。2年連続Bクラスになりましたが、果たしてこれが2年で済むのかどうか。これから10年ぐらい連続になる覚悟もしとかないと。

原因は、打撃陣の不振とベンチのバカ采配。攻撃では、ただやみくもにバント、ゲッツー嫌って1塁ランナーを走らせ結局三振ゲッツー、サインミス、久慈の判断ミス、そんなのばっか。守備では、どんだけ先発が良いピッチングしてても100球超えたら交替、バッテリーミスから失点、敬遠策とると直後に痛打、そんなのばっか。とにかく、ベンチワークで星を落とすことが多かった。

野球に限らずスポーツってもんは、相手が嫌がること、味方を楽にさせること、そういう采配を目指すべき。それなのに、相手が喜ぶこと、味方が追い詰められること、そんな采配ばかり繰り返し、それで負けても反省せず、次の日もまた次の日も、同じようなバカ采配を繰り返す。「バカにつける薬はない」って言葉を、今年ほど思い知らされたことはないね。

最後のゲームも良く分からん采配してて、能見に奪三振王を取らせるため先発させ、初回に2つ三振を取り、杉内と並んでトップに立ったとこで交替。どうせならもう少し投げさせて、単独トップを狙えば良いのに、読売か杉内から金でも貰ってんのか?

来年に向けて選手もコーチもだいぶ異動があるようだけど、どんだけ良い人材が揃っても、マトモな采配じゃなきゃ結果はついてこないと思うんでね、和田はもちろんのこと、和田に進言する立場にあるコーチ陣も、このオフの間に野球を勉強し直した方が良い。君らのバカさ加減なら、とりあえずはファミスタとかパワプロとか、ゲームで勉強するのがちょうど良いんじゃないか?

2012/09/30

先週のタイガース

9/25~9/30の結果

・9/25 ヤクルト戦 0対3 負け
・9/26 ヤクルト戦 4対10 負け
・9/27 ヤクルト戦 12対0 勝ち
・9/28 ヤクルト戦 3対6 負け
・9/29 広島戦 2対0 勝ち
・9/30 広島戦 2対1 勝ち

今季通算54勝73敗14分 9/30現在5位

先週は城島が引退を発表しまして、高い買い物だったなって思いもあるし、1年目は打ったからあんまり悪く言うのもどうかって思いもあるし、でもリードや守備はイマイチだったからやっぱ高い買い物だったと思うし、いろんな思いが複雑に絡み合う訳だけど、改めて言いたいことは、桧山の引退はまだなのか?

ここにきて福原にもメジャー移籍の可能性が出てきたそうで、いやあほんと一気にチームが変わるかなって勢いだね。金本・城島が引退、藤川・福原はメジャー移籍、鳥谷はメジャーから声掛かんない可能性高いけど国内移籍は有り得るし、平野も昨今の扱いや中村との関係性を考えると移籍の可能性は高い。

彼らに取って代わるべき若手の連中も、ようやくいくらかチャンスを与えられるようになって、まだまだレギュラーには程遠いにしても、それぞれ持ち味を多少は見せてくれてるし、ここ十年近く停滞してた世代交代が出来つつありますかね。まあ、モノになるにはしばらく時間が掛かるだろうけど、冬を耐えて春に花咲く植物のように、個人としてもチームとしても今はとにかく辛抱して、いずれ訪れるであろう開花期を待ちたいですな。

2012/09/25

先週のタイガース

9/21~9/23の結果

・9/21 中日戦 2対3 負け
・9/22 中日戦 0対2 負け
・9/23 中日戦 5対2 勝ち

今季通算51勝70敗14分 9/23現在5位

この3戦も相変わらずといった感じでね、先週ここで小宮山を叩いたけど、ここで書いた通りパスボール(記録上はワイルドピッチ)でピンチを広げ、直後に逆転HR打たれるし、能見とメッセの時は結局藤井がスタメンだし、大事なとこで桧山だし、ほんとウンザリ。

もう残り9試合。セリーグはみんな消化試合という状況で、どこのチームも良く知らない若手をバンバン使ってるのに、ウチはまだまだマートンあたりがスタメン。ようやく新井を2軍に落として、若手を上げるみたいだけど、ほんと腰が重い。

最後の最後まで、確固たるビジョンもなく、ただダラダラと試合を消化していくみたいだね。

2012/09/19

先週と今週のタイガース

9/11~9/19の結果

・9/11 ヤクルト戦 0対2 負け
・9/12 ヤクルト戦 1対2 負け
・9/13 ヤクルト戦 4対1 勝ち
・9/14 読売戦 2対3 負け
・9/15 読売戦 2対0 勝ち
・9/16 読売戦 2対4 負け
・9/17 横浜戦 4対4 引き分け
・9/18 横浜戦 雨天中止
・9/19 横浜戦 1対0 勝ち

今季通算50勝68敗14分 9/19現在5位

先週金本が引退発表をしまして、とりあえずはお疲れ様ってのと、2度の優勝を有り難うってとこなんだけど、桧山は引退しないのか?

ボチボチ今後の動向が明らかになり、水谷が打撃コーチ、平田が2軍監督、ブラゼルはほぼ解雇、マートンは残留、福留や西岡あたりに食指を伸ばしてるらしいですな。そういう中で理解できないのが、桧山の残留と、小宮山を正捕手に育てるって話。

まず桧山。もう良いだろ。もはや代打の神様じゃない。今季ここまで僅か6打点。概ねチャンスで打席に立ってるのに6打点。同じように代打稼業の広島の前田は、桧山より打数が10ぐらい少ないのに17打点稼いでる。これでも桧山が神様だと言うなら、前田は何様と呼べば良いのよ。

そんで小宮山。正捕手にしようという最大の要因は肩の強さだそうで、まあ確かに盗塁阻止率はそこそこ良い筈。だけど、リードは幼稚だし、打撃は貧弱、犠打も下手クソ。何より問題なのはパスボールの多さで、広島戦での2ラン振り逃げを持ち出すまでもなく、毎回毎回ポロポロやってる。記録上はワイルドピッチでも、実質パスボールってのが多いから、ランナーいる時にワンバウンドするようなボールは思い切って投げられず、結果的にストライクゾーンで勝負して痛打されるシーンも多い。

正捕手の期待を掛けるなら今成だと思うんだけどねえ。まあ肩は普通だけど、バッティングは良いし、それほどポロポロやらない。リードは粗いけど、わりかし強気にインサイド攻めてくし、相手から見たら、藤井や小宮山よりよっぽど絞り辛いと思うんだけど。

まあ、場数を踏むことでいろいろレベルアップできるとは思うんで、とりあえず小宮山を1番手で使っても良いけどさ、だったらもう今季の残り試合は藤井をスタメンで使うな。小宮山を育てるのはあくまでも来季の話かも知れんけど、もう消化試合なんだから、今から始めろよ。相性を重視してんだか何だか知らんが、岩田とジェイソンの時は小宮山、能見と久保とメッセの時は藤井、そんな起用してたら正捕手なんて存在は作れない。

藤井を見て学ばせる意図があるのかも知れんけど、そもそも藤井がそれほど大したキャッチャーじゃない。リードは単純で読みやすく、打撃は小宮山に毛が生えた程度、キャッチングに関しては堅実だったけど、今季は小宮山同様にこぼすシーンも多く、肩も含めて衰えてきてるのは間違いない。誰かに学ぶんであれば、中日の谷繁、読売の阿部あたりのVTRでも見ながら学ぶべきで、ウチの藤井や城島やコーチ陣から学べるものなんてほとんど無いだろ。

もう消化試合で来季を見据えてやってんだから、小宮山を正捕手に育てたいんであれば、どんだけミスをしようが何をしようが、我慢してスタメンで使えよ。上本や大和や良太はそうやって使ってるからこそ、ナンボか目処が立つようになってきたんだし、キャッチャーなんてまずは場数を踏まないとどうにもならんのだから、腹括って使っていかないと。

そこらへん徹底しないから、いつまで経っても若手が育たず、FAや外人に頼ってばかり。そんで、大枚はたいて連れてきたヤツが使えなくなると大慌て。一体いつまでこんなこと繰り返すつもりなんだか。

2012/09/11

先週のタイガース

9/4~9/9の結果

・9/4 読売戦 3対7 負け
・9/5 読売戦 6対0 勝ち
・9/6 読売戦 1対1 引き分け
・9/7 中日戦 0対1 負け
・9/8 中日戦 1対0 勝ち
・9/9 中日戦 7対0 勝ち

今季通算47勝64敗13分 9/9現在5位

相変わらずバカ采配の繰り返しで辟易した1週間だったけど、鬼門ナゴヤドームでまさかの2連勝をするし、投手陣は9/4以外ほぼ完璧な結果を出したし、遅ればせがら、いくらか状態は上向いてきましたかね。

その要因はいろいろあって、このままじゃ来季の契約が心許ない連中が頑張った、来季の減俸は避けたい連中が頑張った、メジャーのスカウトが来てたからアピールしたい連中が頑張った、イキの良い若手が頑張った、そんなとこですか。このうち、前の3つは来季にあまりつながらないことなんで、それが結果に反映されても意味はないし、やはり若手の育成を最優先でやってもらいたい。

中村のGM就任が正式発表され、決まったもんはもう仕方ないから受け入れるしかないし、会見なんかでのコメントを見てると、とりあえずはチームの世代交代・構造改革が急務だってことは分かってるようだし、それはそれで良い。

だけど、どうも中村を招聘したことに関して、不純と言うか何と言うか、微妙な空気を感じるんだよね。フロントが責任を取りたくない、ベンチが責任を取りたくない、そういうとこを全部GMの責任にする。ただそれだけの存在として起用されたんじゃないのか?

星野がシニアディレクターだった時は、SD>フロント>現場って感じで、星野がフロントより監督より明らかに上の立場だったから、フロントは扱い辛かっただろうし、現場は指揮系統が2つあるようなもんで混乱した。その轍を踏まないよう、中村はSDじゃなくGMにした。そうして、フロント>GM≧現場って図式にするんだろ?

例えば金本や桧山に引退勧告する。それは今のベンチの連中には出来ないだろうし、フロントも及び腰なんで、そこを中村にやらせる。そういう役回り。まあそれだけでも、金払って呼ぶ価値はあるかも知れんけどね、これからずっとそういう役回りを演じることになると、どんだけチームが低迷しようが、どんだけ補強を失敗しようが、責任やそれに伴う面倒臭いことは全部中村に押し付けて、フロントもベンチも知らんぷりってことになりかねない。それって正しい球団の在り方、健全な球団の在り方なんだろか?

歴史的にウチのフロント陣は、何が起きても責任を取る感じはない。成績が悪くなって、ベンチのせいにすると、それはそれで任命責任が生じるから、そう簡単に監督・コーチを批判しない。我々は一蓮托生です、みたいな綺麗事ほざきやがる。それでいて水面下では辞任勧告してて、でも自分たちの責任論になるのは嫌だから、本人たちの自発的な辞任ってことにする。ウチの背広組はいつもそんな感じ。

GM制を敷くことで、しかもフロント>GM≧現場という形にすることで、こういうことがさらに増幅するんじゃないのかね。それを、ベンチの連中までもが真似するようになるんじゃないのかね。そんな球団が、まともに機能するとは思えないんだけど。

まあ読売さんなんかを見てると、清武が謀反を起こして、ヤツが諸悪の根源って話になって、チームはぶっちぎりの優勝に向けて驀進中。原の愛人問題も、それに一枚かんでたOBや暴力団の話も、阿部の愛人問題も、みんなすっかりどこかに消えて、球界の盟主復活って感じ。

ウチもGM制を導入して、汚い部分や失敗の責任を全部押し付けてクビにすると、同じように優勝できちゃうんなら良いけどさ、そう単純なことじゃないと思うね。

2012/09/03

先週のタイガース

8/28~9/2の結果

・8/28 横浜戦 2対4 負け
・8/29 横浜戦 2対1 勝ち
・8/30 横浜戦 3対4 負け
・8/31 広島戦 3対0 勝ち
・9/1 広島戦 0対1 負け
・9/2 広島戦 3対1 勝ち

今季通算44勝62敗12分 9/2現在5位

先週もバカ采配、バカコーチの判断ミス、やる気のない選手たち、それぞれがそれぞれに持ち味を発揮してクソ試合を連発し、それでも3勝3敗と五分の成績。まあウチに負けず劣らず、よそのチームも状況は悪いんでしょうな。

もう残り試合も少なくなり、CS進出も絶望的だし、いつ最下位に落ちるかわからない状況で、打てない、守れない、走れない、ここぞって局面で頼るのはオッサンばかり、そういう変わり映えしない試合を、よくもまあ毎度毎度飽きずにやってられるもんだ。

ゲームでリセットボタンを押すような感じで、サクッとシーズン終わらせて、無様な成績は忘れて気持ちを切り替えたいのかも知れんけど、それならなおさらのこと、残り少ない試合をしっかり戦うべきでしょ。

新井・金本・ブラゼル・桧山はロクに打てない守れない、藤井のリードは杓子定規で読まれやすい、藤川のストレートは走ってない、久慈の判断はほぼ100%間違ってる、他にも問題は多々あるけど、そういう現実から目を背けるんじゃなく、真正面からしっかり受け止めて、本気で打開策を練っていかないと、底なし沼から抜け出せないぞ。

より以前の記事一覧

私の出資馬
現役勝ち上がり馬

  •  グレンツェント
     【牡4歳・12戦6勝】
     父:ネオユニヴァース
     母:ボシンシェ
      13011170122s
    5月20日の平安S(GⅢ)は10着。今回も58kgの斤量が影響したのか、良いところなく惨敗しました。現在は北海道の牧場にいます。
     
  •  ブライトエンブレム
     【牡5歳・10戦2勝】
     父:ネオユニヴァース
     母:ブラックエンブレム A_2012005_2
    16年5月8日の東京・ブリリアントS(OP)で7着となった後、しばらくして屈腱炎が判明したため休養しており、現在は北海道の牧場にいます。
     
  •  フェイマスエンド
     【牡6歳・24戦5勝】
     父:シルクフェイマス
     母:シルキーウィズ 11062150321
    16年12月10日のチャレンジC(GⅢ)で13着となり、その後は放牧に出てましたが、現在はトレセンに戻って調整中。7月9日の福島・七夕賞(GⅢ)か、7月23日の福島・福島テレビオープンに出走予定。
     
  •  ストロングタイタン
     【牡4歳・9戦4勝】
     父:Regal Ransom
     母:Titan Queen 13051160903
    2月19日の小倉・小倉大賞典(GⅢ)は5着。その後は放牧に出てましたが、現在はトレセンに戻って調整中。7月15日の中京11レースに出走予定。
     
  •  モルジアナ
     【牝5歳・14戦4勝】
     父:Dubawi
     母:サマーハ 12024160326s
    6月25日のレースは9着。思いのほか前からの競馬になり、直線伸びずに負けちゃいました。
     
  •  ローズウィスパー
     【牝4歳・18戦3勝】
     父:ワークフォース
     母:ローザミスティカ
      13061170326
    6月11日のマーメイドS(GⅢ)は11着。捲り気味に3コーナーから動いていったんですが、直線なかばで力尽きました。現在は滋賀県の牧場にいます。
     
  •  デジタルフラッシュ
     【牡6歳・27戦2勝】
     父:アグネスデジタル
     母:マチカネベニツバキ 11031160904500
    5月27日のレースは11着。特にこれといった見せ場もなく、後方からチラッと差を詰めただけでした。現在は福島県の牧場にいます。
     
  •  アグレアーブル
     【牝4歳・5戦2勝】
     父:マンハッタンカフェ
     母:プリティカリーナ 13014160703500
    16年7月3日のレースで2勝目を獲得しましたが、その後は脚元に不安が出て休養に入っており、現在は北海道の牧場にいます。
     
  •  オリエンタルダンス
     【牝5歳・20戦2勝】
     父:キングカメハメハ
     母:ダンスノワール 12027160326500
    4月15日のレースは3着。その後は放牧を挟んで新潟で出走予定でしたが、状態がイマイチで再調整することになりました。現在は滋賀県の牧場にいます。
     
  •  ネームユアポイズン
     【牡3歳・3戦1勝】
     父:ハーツクライ
     母:リップスポイズン
      14005170325
    5月13日のレースは4着。終いジワジワと差は詰めましたが、上位争いには加われませんでした。現在は福島県の牧場にいます。
     
  •  イストワールファム
     【牝3歳・4戦1勝】
     父:ローエングリン
     母:ヒストリックレディ
      14030160128
    5月20日のレースは4着。スローでわりかし前が残る展開だったこともあって、伸び切れませんでした。現在は福島県の牧場にいます。
     
  •  ブルーヘヴン
     【牝3歳・5戦1勝】
     父:パイロ
     母:ローズカーニバル
      Blueheaven1
    5月7日のレースはビリッケツ。初めての芝で少しは違うとこを見せてくれるかと思ったんだけどねえ。現在は茨城県の牧場にいます。
     
  •  シンシアズブレス
     【牝4歳・12戦1勝】
     父:ダイワメジャー
     母:クラウンピース
      13037160305_3
    5月28日のレースは7着。ここ最近の中ではまずまずの結果でしたが、相変わらず気の悪さが解消されませんな。7月1日の中京9レースか、7月9日の中京12レースに出走予定。
     

私の出資馬
現役未勝利馬

  •  キンナリー
     【牝3歳・2戦0勝】
     父:ディープブリランテ
     母:カラヴィンカ
     
  •  フィールザフォース
     【牡3歳・1戦0勝】
     父:ワークフォース
     母:シャンパンマリー
     
  •  ブライトクォーツ
     【牡3歳・9戦0勝】
     父:ワークフォース
     母:レースドール
     
  •  ストーミーワンダー
     【牡3歳・1戦0勝】
     父:ストーミングホーム
     母:ラッシュウインド
     
  •  アーモンドアイ
     【牝2歳・未出走】
     父:ロードカナロア
     母:フサイチパンドラ
     
  •  ブラストワンピース
     【牡2歳・未出走】
     父:ハービンジャー
     母:ツルマルワンピース
     
  •  オルボンディール
     【牝2歳・未出走】
     父:ステイゴールド
     母:サダムグランジュテ
     
  •  キープシークレット
     【牝2歳・未出走】
     父:ダイワメジャー
     母:ウーマンシークレット
     
  •  ベルフロレゾン
     【牝2歳・未出走】
     父:クロフネ
     母:ウインフロレゾン
     
  •  カポラヴォーロ
     【牡2歳・未出走】
     父:Munnings
     母:My Anguilla
     
  •  アストロローグ
     【牡2歳・未出走】
     父:シニスターミニスター
     母:フォチュネイター
     

私の出資馬
すでに引退した馬